資格

紅茶資格ランキング

tsushinkyouiku1

紅茶、ティーというものは、若い女性がお店で注文すると、気品というものを感じます。さて、紅茶にも歴史や豊富な種類、美味しい飲み方など奥深いですね。そんな知識やテクニックを備えた紅茶に関する資格があります。紅茶のスペシャリストになりましょう。

1位:紅茶アドバイザー

【理由】カップ&ソーサーの知識を身に付け、紅茶の茶葉の知識や入れ方が求められます。国内唯一という紅茶の資格について「日本安全食料料理協会」が認定します。食品や料理技術を学び、水準がある一定以上になり、その習得後の試験に合格することで資格を取得することができます。この認定試験のための通信講座や教室は開かれていません。

費用 受験料 10,000円

2位:紅茶マイスター

【理由】紅茶オーナーという素晴らしい職に就きたい方、紅茶をメインにした飲食店などで働かれている方におすすめの資格です。紅茶アドバイザーで問われる紅茶の茶葉の種類についての知識や入れ方に加え、開業というものの知識も必要になります。紅茶マイスターは「日本安全食料料理協会」が認定している資格で、実務で活用できる資格なのです。試験は毎年2、4、6、8、10、12月という2か月に一度の開催になります。この資格取得のための教室や通信講座はありません。

費用 受験料 10,000円

3位:紅茶コーディネーター

【理由】「紅茶の入れ方」にもコツがいります。そんな入れ方を主体とした内容で、紅茶の知識だけでなく、いろいろなバリエーションある入れ方や紅茶に合うお菓子やお料理などの知識も得られます。紅茶コーディネーターは「日本創芸学院」が行っており、養成講座を受講し、レポートを提出するという形で資格を取得することができます。紅茶の資格のうち唯一通信教育だけで取得できるのです。資格取得しやすいものです。

費用 受講料 62,000円

4位:ティーインストラクター

【理由】この資格を認定する「日本紅茶協会」が紅茶を普及活動するにあたり、より専門知識を持った質の高い講師を育てるためにティーインストラクターという資格制度をつくったのです。資格にはジュニア、シニア、マスターとあり、ジュニアから順に資格を取得していきます。その過程で条件があり、ジュニア資格取得後5年以上の実務経験がなければシニアを受験できない、マスターへは紅茶業界10年以上の実務経験が必要という、上位資格を取得するためには豊富な実務経験が必要なのです。試験は日本紅茶協会が定める規定の単位を取り試験に合格することが必要です。で資格を習得することができます。受講期間は4月から12月までで、毎週一回講義が開催されます。

費用 受講料 29,1600円

5位:ティーコーディネーター

【理由】紅茶といえば「リプトン」という、主催がリプトンの資格です。紅茶が大好き、趣味として紅茶を楽しみたいという方におすすめです。(本格的に紅茶を学ぼういう方には物足りないでしょう)資格取得には、特別な試験はなく、決められた回数スクールに通うことで認定されます。自分の都合に合わせて受講して単位を取得していきますので、とても取得しやすいです。

費用 受講料 189,000円

6位:ティースペシャリスト

【理由】「財団法人日本能力開発推進協会」が認定する資格です。「ケイコとマナブ:コーヒー&紅茶カフェマスター」で受講できます。(4カ月)そこで研修を受け終了すれば試験を受けることになります。合格すれば「ティースペシャリスト」が認定されます。

費用 受験料 3,600円? 「ケイコとマナブ:コーヒー&紅茶カフェマスター」での受講料が別途必要

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 食える資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判
  3. タロットカード タロットカード・占い師資格人気ランキング
  4. tsushinkyouiku1 ハーブ資格ランキング
  5. 猫資格 猫資格人気ランキング
  6. 通信講座 資格ランキング
  7. 夢占い 夢鑑定セラピスト口コミ評判
  8. ドッグトレーニング ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP