資格

編み物資格人気ランキング

編み物

今回は編み物資格人気ランキングをご紹介したいと思います。
ニットは、糸の素材ではなく実は技法を指す言葉なんです。皆さん素材の名称であると思っていませんでしたか?毛糸で作られた制作物をニットと呼びます。手軽なDIYとして、編み物はその代表的なものではないでしょうか。これからご紹介する資格を取得すれば、個人の技術が、そのまま自分の収入に変えることも可能となります。編み物の資格も昔から根強いですから、何が人気なのかじっくり見ていきましょう。

編み物マイスター

編み物マイスターは日本生活環境支援協会が主催する資格です。編み物の資格の中でも特に人気の資格になります。この資格を取得すると編み物に関する知識を有していることを認定されます。編み物の歴史、編み物にはどのような種類があるのか、必要な道具の基礎知識とメンテナンス方法、毛糸の種類や選び方、洗濯方法やアイロンのかけ方などの編み物作品の取り扱い方などの知識を持っていることの証明になる資格です。編み物で作った作品を販売したい方、編み物の講師をしたい方なども取得されている資格です。

実はこの資格には受験資格はありません。つまり、誰でも自由にインターネットから受験申請を行えます。試験にも実技もありませんので、じっくり基礎的な知識や応用の技術などを学ぶことができます。受験料は消費税込み10,000円で、申請については、24時間いつでも日本生活環境支援協会のホームページから手続き可能となっています。しかも隔月で実施していて、平成30年度は偶数月に実施しています。翌月には合否発表が届きます。(70%以上で合格)
在宅で受験できますし、編み物の仕事に従事される方は是非とっておきたい資格ですね。

手編みニットインストラクター

手編みニットインストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。こちらの資格も手編みに従事されている方に人気の資格です。この資格を取得することで、手編みできるニットに関する基本的な知識を有していることを認定されます。初心者に向いた編み物、簡単に作れる作品について、作品の仕上げ方などの知識を持ち、自身で作品を作るだけでなく、アドバイスすることもできる人に認定される資格です。

この試験にも受験資格は特にありません。誰でも自由にインターネットから受験申請を行えます。申請については、日本インストラクター技術協会のホームページから手続き可能となっています。受験料は消費税込み10,000円ですが、色々な知識を身につけられてこの価格は非常にありがたいですね。しかも隔月で実施していますので、自分の好きな時間で受験できます。翌月には合否発表が届きます。(70%以上で合格)
こちらも在宅で受験できますので、編み物の仕事に従事される方は是非とっておきたい資格ですね。

かぎ針編み講師

この資格は、日本ヴォーグ社で実施する通信講座です。第1回目では、製図の基本を理解することで、いろいろなデザインに挑戦できるようになり、採寸とボディ原型の書き方を覚えてから、プルオーバーの製図の方法を学びます。最終的には、分散増減法は、模様の形やイメージをあまり変えずに、模様を大きくしたり小さくしたりする魅力的な技法、スカートやチュニック、ショールカラーなどを使って、華やかな雰囲気を作ることができます。講習機関は、標準学習期間は12ヶ月ですがこれよりも短い期間でも可能です。添削課題を提出すると修了証発行が発行され資格認定されます。
料金は28,000円で、インターネットから申し込み可能です。期間が約1年かかってしまうのと、費用がちょっと高いですが、興味のある方は是非取得を目指して勉強しましょう。

毛糸編物技能検定試験

文部科学省後援の技能検定試験で、公益財団法人日本編物検定協会が主催しています。1級から5級まであり、公的資格として有効です。受験資格もありません。この試験の特徴は、志願票に専用の「左利き問題での受験希望カード」を提出すると、左利き用の専用試験を受験できます。左利きの方を考慮した試験は左利きの人には非常に嬉しい制度ですね。こうゆう気配りが出来る公的資格もあるのには驚きです。
試験は年1回で各級によって受験料は違いますので、詳しいことを知りたいかたはホームページで確認してください。

棒針編み講師認定

この資格は、株式会社日本ヴォーグ社が行っている認定制度です。学習期間内に添削課題をクリアし、約半日のスクーリングを修了すれば、認定証を取得することができます。この認定証を受けた人は、コース修了証の発行資格を得ることができます。講座は税別42,667円、またさらに資格証取得には18,000円が別途かかります。ちょっと費用が高いですが、編み物で有名な日本ヴォーグ社がやっていることもあり、より高度な知識を得たい人は是非受けてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

編物の資格も多種多彩ですね。自分にあった資格を探すのも大切ですが、まずはインターネットで申し込んで取得できる資格から取得するのもいいですね。特に在宅で取得できる資格は、自分の好きな時間に応募ができて、自分の好きな時間に受験ができます。まずはそのような資格から受けてみるのもいいかもしれませんね。
編み物資格  編み物資格