資格

臨床工学技士

tsushinkyouiku1

臨床工学技士は、医療機器を扱う専門家です。医師の指示に従って、人工心肺装置や、人工透析装置、人工呼吸器などの高度な医療機械の操作、保守管理を行います。

臨床工学技士の仕事

臨床工学技士の仕事は、臨床工学技士法2条2項で、「厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(生命維持管理装置の先端部の身体への接続又は身体からの除去であって政令で定めるものを含む。以下同じ。)及び保守点検を行うこと」と定められています。

ここでいう生命維持管理装置というのは、以下のようなものです。

人工心肺装置は、心臓と肺の役割を代わりに行う装置です。心臓の手術の際などには、一時的に患者さんの心臓を止める必要が生じますが、もちろん、単に心臓を止めたのでは生命は維持できません。そこで、手術の間、人工心肺装置に血液を循環させることで、心臓と肺の役割を代替させます。

人工透析装置は、腎臓の役割を代替するものです。腎臓には、血液中の老廃物を尿として排出させる働きがあり、腎臓の機能が低下すると尿毒症となって命にかかわります。なお、腎臓の働きを機械で代替することを人工透析といいます。

人工呼吸器は、自力で呼吸することができなくなった患者さんに用います。肺に機械的に空気を送り込む装置です。

これらの装置が臨床工学技士が扱う機械の主なものですが、いずれも患者さんの生命の維持に直結する重要な機械です。臨床工学技士の仕事には、正確さと慎重さが厳に求められます。

臨床工学技士になるには

臨床工学技士になるためには、国家試験に合格する必要があります。

臨床工学技士の国家試験を受験するためには受験資格が必要で、養成過程がある大学、短大、専門学校で3年以上の学習をして、必要な知識・技能を修得する必要があります。

なお、看護師や診療放射線技士、臨床検査技師などの養成校で2年以上修業して、厚生労働大臣が指定する科目を修めた人は、臨床工学技士の養成校に1年通うことで受験資格を得ることができます。厚生労働大臣が指定する科目には、人文科学2科目や社会科学2科目といった一般的な科目の他に、公衆衛生学や解剖学といった医療分野から8科目を修めておく必要があります。

試験科目

国家試験の試験科目は、以下の通りです。

医学概論(公衆衛生学、人の構造及び機能、病理学概論及び関係法規を含む。)、臨床医学総論(臨床生理学、臨床生化学、臨床免疫学及び臨床薬理学を含む。)、医用電気電子工学(情報処理工学を含む。)、医用機械工学、生体物性材料工学、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学及び医用機器安全管理学

試験の合格率

国家試験の合格率は、平成28年に実施された試験の場合、72.5%でした。受験者数2739名に対して、合格者数は1987名です。

年度による変動はありますが、概ね70%台の後半から、80%台の前半となっています。養成校でしっかりと学習した人であれば、十分に合格可能なレベルの試験であるといえます。

今後の展望

臨床工学技士が扱う医療機器は、近年高度化がますます進んでいます。従来は医師が管理を行っていた病院等であっても、専門家である臨床工学技士を雇うケースが増えています。臨床工学技士のニーズは今後も高まっていくことが予想されます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 税理士
  2. トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 弁理士
  4. tsushinkyouiku1 司法書士
  5. tsushinkyouiku1 ベジスイーツマイスター口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 薬膳調整師 認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 防災士
  8. tsushinkyouiku1 ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判
PAGE TOP