資格

臨床心理士

tsushinkyouiku1

臨床心理士というのは、心の悩みについての専門家です。臨床心理士の資格は、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が認定しています。資格としては、国家資格や公的資格ではなく民間資格ということになりますが、スクールカウンセラーの任用資格に精神科医などと共に文部科学省によって規定されるなど、公的にも利用されている資格です。

仕事の内容と活動分野

臨床心理士は、臨床心理査定、臨床心理面接といった手法を用いて心の問題に取り組みます。

臨床心理査定というのは、種々の心理テストや観察面接を通して、相談者の個性や問題の所在を明らかにすることです。これによって、どのような方法で相談者を援助すべきかを明らかにします。

臨床心理面接というのは、心理カウンセリングや心理療法とも呼ばれるもので、臨床心理学的な方法によって、問題の克服や軽減を支援するものです。具体的な方法としては、精神分析、夢分析、遊戯療法、集団心理療法、行動療法、箱庭療法といったものがあります。

臨床心理士の活動は、多くの分野に及んでいます。精神科・心療内科・小児科などの病院で心理相談に応じたり、教育現場でスクールカウンセラーとして働いたり、児童相談所や老人福祉施設などでも相談や支援にあたっています。また、家庭裁判所の調査官として働いたり、刑務所で受刑者のカウンセリングを行ったり、産業分野でメンタルヘルス対策に協力したりもしています。

臨床心理士になるには

臨床心理士になるためには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が実施している資格審査を受験し合格する必要があります。

資格審査を受験するためには受験資格があり、協会が指定している大学院を修了していることや、臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了していることなどが必要になります。指定大学院には第1種と第2種があり、第1種の指定大学院については修了することで受験資格が与えられますが、第2種の指定大学院の場合には修了後1年以上の実務経験を経る事で受験資格が与えられます。

なお、この場合の実務経験とは、教育相談機関、医療施設、心理相談機関などでの心理相談員やカウンセラーとしての勤務経験を有していることを指し、ボランティアや研究員として活動していた場合には実務経験の要件を満たしません。

試験の内容

試験には、一次試験と二次試験があります。一次試験は筆記、二次試験は面接です。一次試験には、マークシート方式の多肢選択方式試験(100題)と論文記述試験(1題 1,001字以上1,200字以内で解答)があります。一次試験の多肢選択方式試験の結果で面接試験の受験資格が判断されますが、最終的な合否については3つの試験の総合判定となります。

今後の展望

臨床心理士は民間資格ですが、国家資格である公認心理士という資格が創設されることが決まっています。現在(平成28年12月)のところ詳細は不明ですが、平成30年度までに第1回の試験が実施される予定となっています。

公認心理士が創設されても、臨床心理士の資格がなくなるわけではありませんが、公認心理士の資格を併せて取得したほうが、職域が広がったり、採用の際に有利になったりする事態が生じることも考えられます。

また、臨床心理士は合格後も5年ごとの資格更新が必要です。公認心理士の受験をする必要性が出てくる可能性があることも考えると、臨床心理士になっても、引き続き自己研鑽の努力を継続する必要性が高いといえます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. POP広告クリエイター技能審査試験
  2. 猫の育て方アドバイザー口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 美容師
  4. tsushinkyouiku1 社会福祉士
  5. tsushinkyouiku1 スパイス・調味料資格ランキング
  6. 美ヨガライフセラピスト口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 日本語教育能力検定試験
  8. tsushinkyouiku1 手作り石鹸インストラクター口コミ評判
PAGE TOP