資格

視能訓練士

tsushinkyouiku1

視能訓練士というのは、視能訓練士法によれば「厚生労働大臣の免許を受けて、視能訓練士の名称を用いて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者」とされています。具体的には、斜視や弱視の訓練治療や、視力検査などを行っています。

視能訓練士の仕事

視能訓練士が行う仕事には、眼科診療にかかわる視能検査や視能矯正、健診業務、リハビリ指導といったものがあります。

視能検査には、視力検査や屈折検査、眼圧検査、視野検査などがあります。視能訓練士が行った検査の結果は、眼科医が行う治療に活かされます。検査は専門の検査器具を用いて行われます。

視能矯正は、斜視や弱視の患者に対して行われます。斜視や弱視は、幼児期に両目で物を視る訓練ができてなかったために生じるものなので、訓練によって両眼視機能を回復されることで矯正することが可能な場合もあります。このような場合の視能訓練やそのために必要な検査を視能訓練士が行っています。

健診業務には、3歳児健診、就学時健診、生活習慣病健診などがあります。これらの健診に視能訓練士が参加しています。

リハビリ指導というのは、視機能が十分に回復しない人に対して行われるものです。患者さんのために、拡大鏡や拡大読書機、単眼鏡などの器具を選んだり、その使い方の指導を行ったりします。

視能訓練士になるには

視能訓練士になるためには、国家試験を受験し、合格する必要があります。国家試験には受験資格があり、高校を卒業して、視能訓練士養成所(視能訓練士養成過程がある大学や専門学校)で3年以上知識や技能を学ぶ必要があります。看護師や保育士の養成機関で指定科目を履修している人の場合は、視能訓練士養成所で1年以上学ぶことで受験資格を取得することもできます。

国家試験について

試験科目は、基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学及び視能訓練学です。合格率は医療系・社会福祉系の資格の中では高い方で、年度による差はありますが、80%台の後半から90%台の前半の場合が多く、2016年度の場合94.0%です。

視能訓練士の就職先について

「公益社団法人 日本視能訓練士協会」が実施している「新卒視能訓練士就業調査状況調査 調査結果」によると、2014年度の場合、視能訓練士の就職先で最も多いのは、医療法人や個人が経営する眼科診療所で、58.5%を占めています。次に多いのが他の診療科もある私立病院(8.9%)、次いで私立大学病院(6.7%)、私立眼科病院(6%)と続きます。多くの視能訓練士が、病院や診療所に勤務しています。なお、一般的には病院も診療所も一まとめに「病院」といっていますが、両者は規模が異なり、入院施設の病床数などが違います(病院は20床以上)。

視能訓練士の求人数は必ずしも多くはありませんが、そもそも視能訓練士の人数が不足しているといわれているため、就職はそれほど困難ではないようです。

今後の展望

日本社会の高齢化によって視力の低下に悩む人が増え、視能訓練士の需要も高まることが予想されます。近年、資格者が増えている視能訓練士ですが、視能訓練士はまだ不足しているといわれ、当面は資格者が飽和することはないと思われます。

視能訓練士は、今後も有望な資格であるといえます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 整理収納アドバイザー
  2. tsushinkyouiku1 カラーセラピー資格ランキング
  3. tsushinkyouiku1 紅茶資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 CADデザインマスター認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 ビーズアクセサリー資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 通関士
  7. tsushinkyouiku1 臨床心理士
  8. tsushinkyouiku1 住まいアドバイザー認定試験口コミ評判
PAGE TOP