資格

証券アナリスト(CMAR)

tsushinkyouiku1

証券アナリストとは、証券投資の分野で、投資に関する助言や投資管理サービスを行う専門家の総称です。狭義では、証券会社や資産運用会社で、証券の分析や評価を行う人のことをいいますが、広義で用いられるときは、ポートフォリオ・マネージャー(ファンド・マネージャー)や、投資アドバイザー、マーケット・アナリストなどを含みます。証券アナリスト(CMAR)とは、日本証券アナリスト協会が実施している講座を受講した後、試験に合格した上で、実務経験の条件を満たし、日本証券アナリスト協会検定会員となることで取得できる資格です。

証券アナリストの仕事

証券アナリストの主な仕事は、証券会社や資産運用会社の調査部門で、株式などの投資価値の調査や分析などを行うといったものや、銀行や保険会社などの機関投資家で、資産運用に携わるといったものです。しかし、これ以外にも、投資や経済の専門知識を生かして、企業のIR(投資家向け広報活動)部門や、財務部門などで働いたり、公認会計士や資産運用コンサルタントとして働いたりする人がいます。

試験の内容

証券アナリスト(CMAR)を取得するためには、第1次レベル試験と、第2次レベル試験を合格する必要があります。第1次レベル試験、第2次レベル試験ともに、試験の前に日本証券アナリスト協会が実施している通信講座を受講する必要があります。

第1次レベルの講座は、(a)経済、(b)財務分析、(c)証券分析とポートフォリオ・マネジメントの3科目から構成されています。細分化すると、(a)は、(1)マクロ経済学と(2)ミクロ経済学、(b)は、(1)会計学と(2)財務諸表分析、(c)は、(1)計量分析と統計学、(2)ファンダメンタル分析、(3)個別資産の分析・評価、(4) ポートフォリオ・マネジメントとなります。

講座の科目は、第1次レベルの試験科目と対応しています。講座を受講すると3年間試験を受けることができ、試験は科目ごとに合格することが可能です。3年のうちに合格できなかった科目がある場合には、講座をその科目の講座を再受講する必要があり、再受講した科目は、再度3年間受験することができるようになります。ただし、再受講する場合は、3年目の試験が終了した後、直ちに再受講を申し込むことが必要で、申し込まなかった場合には、合格した科目の合格実績も取り消されます。

第1次レベルの試験に合格すると、第2次レベルの受講資格が得られます。第2次レベルでは、第1次レベルで学んだ科目について、高度な専門知識と実務的応用力、分析力、判断力を身に付けることが目的とされます。財務分析については、「コーポレート・ファイナンスと企業分析」に科目名が変わり、「コーポレート・ファイナス」が新たに学習する領域として加わります。また、4科目として、「職業倫理・行為基準」が加わります。第2次レベルの試験は、第1次でも問われた3科目が統合問題として出題され、それに「職業倫理・行為基準」が加わります。

第1次レベルの試験は、マークシート方式で、第2次レベルの試験は、一部計算問題を含みますが、大部分が記述式となります。

試験の合格率など

第1次レベル、第2次レベルとも、試験の合格率は、45%~50%程度です。

第2次レベルの試験に合格して、3年間の実務経験(試験合格の前後は問わない)の条件を満たすと、日本証券アナリスト協会検定会員となることができ、証券アナリスト(CMAR)を取得することができます。なお、第2次レベルの試験に合格して実務経験が3年に満たない場合と、第1次レベルの試験に全科目合格して「証券アナリスト職業行為基準」に関する講習を修了した場合は、検定会員補(CCMAR)として登録を受けることができます。

今後の展望

証券アナリスト(CMAR)は、投資や財務運用部門で仕事をする人にとっては、キャリアアップに必須ともいえる資格で、他の業界にも活躍の場が広がっていっています。将来的にも有望な資格であり続けると考えられます。

関連記事

  1. 食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判
  2. ブリーダー ブリーダー資格人気ランキング
  3. tsushinkyouiku1 ホロスコープインストラクター口コミ評判
  4. ヨーグルト ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 弁理士
  6. tsushinkyouiku1 ワイン資格ランキング
  7. tsushinkyouiku1 インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判
  8. ヨガインストラクター 美ヨガライフインストラクター口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP