資格

通訳案内士

tsushinkyouiku1

通訳案内士は、通訳ガイドともいわれます。外国人観光客に外国語で観光ガイドを行う仕事です。プロとして、外国人に対して外国語で観光ガイドを行うためには、通訳案内士の資格を取得する必要があります。いわゆる業務独占資格です。通訳案内士は、通訳としての側面と、観光ガイドとしての側面の双方を持っています。そのため、試験でもその両面が問われます。

試験の内容

試験は、筆記試験と口述試験が実施されます。

筆記試験では、外国語と、日本地理、日本歴史、産業・経済・政治及び文化に関する一般常識の4科目が課されます。筆記試験は、科目ごとに合格することが可能で、全科目に合格した際に、筆記試験合格となります。

外国語は、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語から選択することができます。試験は、英語はマークシート方式、中国語と韓国語は記述式とマークシート式の併用、その他の言語は記述式で行われます。

日本地理と日本歴史は、日本の観光地等に関する日本の地理・歴史について、外国人観光客の関心が強いものについての基礎的な知識が問われます。一般常識は、現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識が問われます。外国語以外の科目の試験は、マークシート方式で行われます。

試験時間は、外国語が120分、それ以外の科目は、40分です。それぞれ100点満点で、合格基準点は、一般常識のみ60点、それ以外の科目は70点です(調整の可能性はあります)。全ての科目で合格基準点に達した場合に、筆記試験合格となります。

口述試験は、筆記試験の合格者が受験することができます。口述試験は、筆記試験の際に選択した外国語によって、受験者が擬似的に通訳案内の業務を行うことによって行われます。試験時間は10分程度です。口述試験の評価項目は、プレゼンテーション、コミュニケーション(臨機応変な対応力、会話継続への意欲等)、文法及び語彙、発音及び発声とされています。

試験の合格率

平成27年度の場合、筆記試験の合格率は28.5%、2次試験の合格率は69.5%、最終合格率は19.3%となっています。合格率は、受験する外国語ごとにも発表されていて、受験者が一番多い英語の場合(8,491人)で、筆記試験の合格率は29.3%、2次試験の合格率は69.1%、最終合格率は21.5%となっています。次に受験者が多い中国語の場合(1,200人)で、筆記試験の合格率は9.7%、2次試験の合格率は72.9%、最終合格率は7.2%となっています。このように、合格率は受験する外国語によっても差があります。

科目免除について

通訳案内士試験では、筆記試験について、外国語の場合は、英検1級やTOEICR 840点以上など、検定試験の合格などによって、科目ごとに免除が受けられます。外国語の免除が受けられる場合には、2ヶ国語について同時に受験することも可能です。

外国語以外の科目についても、歴史能力検定や地理検定の合格、大学入試センター試験の得点などによって、免除を受けられる場合があります。

今後の展望

通訳案内士は、有資格者の4分の3が資格を活用していないというデータがあります。現在のところ、通訳ガイドの仕事だけで生活していくのは難しい場合が多いようです。そのような現状もあり、観光庁でも「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を設置して、将来的な制度のあり方についての検討を行っています。

今後の通訳案内士という資格のあり方には、流動的な面がありますから、この資格だけで生計を立てようとするのは、積極的にお勧めすることはできません。現在仕事をお持ちの方などは、仕事を続けながら、資格の取得を目指されたほうがいいでしょう。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 心理カウンセラー・メンタル心理資格ランキング
  2. 洋食エキスパート認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 ベジスイーツ資格人気ランキング
  4. マクロビオティックマイスター口コミ評判
  5. 健康運動指導士
  6. tsushinkyouiku1 歯科衛生士
  7. 美姿勢コーディネーター口コミ評判
  8. 食生活アドバイザー®
PAGE TOP