資格

野菜ソムリエ

野菜ソムリエは、「一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会」が認定を行っている資格です。協会によれば、野菜ソムリエとは「野菜・果物の知識を身につけ、その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリスト」です。

野菜ソムリエの名称変更について

2017年1月10日から野菜ソムリエの名称が変更されています。

従来の「ジュニア野菜ソムリエ」は、「野菜ソムリエ」になりました。

従来の「野菜ソムリエ」は、「野菜ソムリエプロ(野菜ソムリエPro.)」になりました。

従来の「シニア野菜ソムリエ」は「野菜ソムリエ上級プロ(野菜ソムリエ上級Pro.)」になりました。

野菜ソムリエになるには

野菜ソムリエになるためには、日本野菜ソムリエ協会が開催する講座「野菜ソムリエコース」を受講して、課題を提出し修了試験に合格する必要があります。

講座の受講方法には、全7科目を協会指定の会場で受講する通学制、修了試験のみ会場で受験し講座は自宅でDVD学習をする通信制、一部の講義について会場で受講する半通学制、通信制に加えて地域校ワーク(食べ比べ体験と課題作成レクチャー及び修了試験)が付属する通信制(地域校ワーク付き)の4パターンがあります。

講座の概要

野菜ソムリエコースは、以下の全7科目から成るカリキュラムです。1科目の講義時間は2時間です。

・ベジフルコミュニケーション:グループワークを通じてコミュニケーション力を培い、発見・感動を表現する力を養う。

・ベジフル入門(理論編・野菜編・果物編):青果物の生産から流通までを学び、野菜の個性や見分け方、保存方法などを知る。

・ベジフルサイエンス①②:栄養・健康の観点から、食べ物による体への影響やその必要性、作用、効果を科学的に学ぶ。

・ベジフルクッカリー:調理のポイントや品種の違いなどに対応できる料理コーディネーション能力を養う。

なお、受講料は148,000円です。どの受講スタイルでも受講料は同じです。

上級資格について

野菜ソムリエには、野菜ソムリエプロ(野菜ソムリエPro.)という上級資格があります。

野菜ソムリエプロになるためには、講座を受講して、修了後に検定1次試験(課題提出と筆記試験)と検定二次試験(プレゼンと面接)に合格することが必要です。

講座(野菜ソムリエプロコース)は、全18科目(1科目2時間)のカリキュラムですが、すでに野菜ソムリエの資格を取得している場合には、共通するカリキュラム7科目は受講する必要がありません。

残る野菜ソムリエプロコースのみのカリキュラム(11科目)は、品目(①~⑤)、生産①②、流通、青果物と健康①②、歴史と時事です。

受講料は320,500円(野菜ソムリエの有資格者は172,500円)です。

さらなる上級資格、野菜ソムリエ上級プロは、企業や開業などを考えている人のための資格です。野菜ソムリエ上級プロコースの講座を受講して、検定試験に合格することで資格を取得できます。

今後の展望

野菜ソムリエは、現在ではかなり知名度が高くなっています。野菜や果物に関する知識は、日常生活でももちろん役に立ちますし、「野菜ソムリエプロ」になれば、食品業界などに就職や転職をする際のアピールポイントの一つにすることもできます。

資格を取得するためには講座を受講することが必須なので、費用がかかることが難点ですが、それだけの価値がある資格であるといえます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 人気通信講座ランキング
  2. tsushinkyouiku1 日商PC
  3. tsushinkyouiku1 医療秘書技能検定試験
  4. tsushinkyouiku1 公認会計士
  5. tsushinkyouiku1 言語聴覚士
  6. tsushinkyouiku1 安眠インストラクター認定試験口コミ評判
  7. マクロビフード健康インストラクター口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判
PAGE TOP