資格

野菜資格人気ランキング

野菜は豊富な栄養素を含んでおり、体を健康的に保つために食べるべき食材です。野菜の種類は多いため、どのような種類があってどんな栄養素を含んでいるのかきちんと理解できる人は少ないでしょう。野菜に関する基礎的な知識を得てスキルアップするためには資格の取得が必要不可欠です。しっかり比較しながら取得する資格を決めましょう。

1位 オーガニック野菜ソムリエ

日本安全食料料理協会が認定するオーガニック野菜ソムリエは、季節によって違いがある野菜の産地や、野菜の栄養素、レシピなどをきちんと理解していことを証明してくれる資格です。野菜について多くのことを学んだ証であるオーガニック野菜ソムリエ資格を活用して自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができますので、取得するメリットの大きい資格と言えます。

オーガニック野菜ソムリエ資格を手に入れるためには、日本安全食料料理協会が行う認定試験に合格しなければいけません。合格ラインは7割以上の評価となっていますので、合格できるようにしっかり勉強しましょう。

2位 健康野菜の育て方インストラクター

季節によって違いが出る野菜の育て方や野菜を摂取することで体内に摂り入れることができる栄養素についてしっかり把握していると認定してくれるのが、健康野菜の育て方インストラクター資格です。日本インストラクター協会が認定する民間資格で、資格を獲得することができれば、資格を用いて講師活動を始めることができます。

資格を得るためには日本インストラクター協会の認定試験を突破しなければいけません。試験は在宅で受けることができ、受験資格がありませんので、気軽に受けることができます。試験に合格するには、7割以上の評価をもらう必要があります。

3位 野菜ソムリエ

野菜や果物を目利きする際のコツや、素材に合った調理方法などを知る人材として認定してもらえるのが、野菜ソムリエです。野菜ソムリエの資格を取得している人は5万人を超えており、既に試験に合格した方は講師やコラムの執筆者として活躍しています。野菜ソムリエの資格を得るためには、日本野菜ソムリエ協会が実施している講座を受講する必要があります。講座は1科目2時間の授業を合計7科目受講します。全ての講座終了後、課題の提出と修了試験に合格することで資格を得ることができます。

4位 野菜コーディネーター

タカコナカムラが監修を行っている野菜コーディネーター養成講座を修了することで、野菜コーディネーターの資格を取得することができます。講座を受講することによって、野菜や果物にはどのような特徴があるのかや保存方法、レシピなどを学ぶことができます。講座は自宅で受講することができるので、気軽に申し込むことができます。

5位 ベジタブル&フルーツアドバイザー資格

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する講座を受講し、試験に合格した人が取得できます。野菜の種類や保存方法、調理法など基本的なことを学んでから試験に挑戦するので、これから勉強を始める人でも安心して挑戦することが可能です。ベジタブル&フルーツアドバイザー資格は、料理教室やセミナーで講師活動をすることができます。

飲食業界で学んだ知識を活用することができ、取得するメリットがあります。7割以上の得点を獲得することが合格の条件となっていますので、しっかり勉強しておきましょう。合否の結果は答案の受付を行ってから1ヵ月後に届きます。

まとめ

野菜は食物繊維やビタミンなど多くの栄養素を含む食材です。野菜の種類は多く、蝶理方法や旬の時期はそれぞれ異なります。野菜について豊富な知識を持ち、多くのレシピを提案することができる人材になることが出来れば、たくさんの場所で活躍することができるでしょう。自分の実力をアピールできる資格を取得して、多くの人に野菜の素晴らしさを知ってもらうことが大切です。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 気象予報士
  3. 発酵食品 発酵食健康アドバイザー認定試験の口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 日本デザイナープランナー協会口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 ストレスケアマネージメント口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 食える資格ランキング
  7. tsushinkyouiku1 色彩検定
  8. tsushinkyouiku1 手作り石鹸資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP