資格

音楽資格ランキング

tsushinkyouiku1

リラックスしたい時の音楽、睡眠前のBGMなど、私たちが癒しを求める時には「音楽」というものが欠かせません。また、音楽療法として、精神的な病にも効果があります。この音楽資格を取得して、病に悩む人たちのために尽力しませんか。おすすめの音楽資格をご紹介します。

1位:メンタル心理ミュージックアドバイザー

【理由】音楽が人に与える効果は大きいです。テンポの速い曲を聴くと作業がはかどったり、静かな曲を聴くと落ち着いたりできますね。人間の心に働く効果を音楽は持っているのです。この資格は、医療機関や福祉施設で働く人が、スキルアップのために取得するケースが多いです。音楽が人の心理にどう影響するのか、基本的な知識と深い理解、人によって違う状況に応じて対応できる能力が求められます。依頼者からの悩みを受け、その問題の根源を探ります。その人の性格や環境などの聞き取りを中心にしてコミュニケーションを図ります。そのため、音楽の原理や基礎論理、効能などを理解した上で、情報を聞き出すための対人能力も重要な資質なのです。その上で、依頼者の個性や状況に合わせて適切な音楽を提案し、心身の健康のためのアドバイスをしていきます。資格試験は、「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が主催している認定試験で、偶数月に行われ、申し込みから受験までが在宅で行うことができます。

費用 受験料 10,000円

2位:音楽療法インストラクター

【理由】音楽もインテリアの一つである、という考えから空間の演出として用いることで、家庭内の雰囲気は変わります。また、会社や屋外イベントなどにも応用することができます。この資格を取得して、自分の生活に役立てるだけでなく、いろいろな場で講師活動を始めることもできます。音楽というものが人の心にどう関わっているのか、日々の生活の中で、さまざまな空間やシーンに応じて音楽をどう活用するかという知識や知見が求められます。オフィス環境や居住スペースが、人の気持ちや感情、コミュニケーションなどにも大きく影響します。空間のコーディネートとして、目に見えるインテリアだけでなく、音楽という目に見えないものを活用することを提案するのが、音楽療法インストラクターなのです。「日本インストラクター協会」が主催し、認定試験は2か月ごとに行われます。

費用 受験料 10,000円

3位:音楽療法士

【理由】ある医療機関は、音楽が欠かせないといいます。病院や医院を訪れる患者さんは、その疾病がなんであろうと、不安というものを抱えています。そんな患者さんのために、心の安定を図る音楽というものが必要だと言います。現在、いろいろな医療機関や福祉施設において音楽というものを使って、本来の体の治癒だけではなく、心身の不調にまで有効に活用するという取り組みが盛んになっています。この取り組みが音楽療法なのです。人が音楽というものを演奏や鑑賞するときの、心身に与える影響や効果を活用した療法です。この資格を取得して得られる音楽療法士は、音楽療法によって、患者を施術するというもので、患者の心理的、肉体的なリハビリを支援するものなのです。この治療法のための幅広い音楽の基本的な知識や理論を学び、深く理解し、適切な活用方法を熟知することが求められます。資格取得は、「日本音楽療法学会」が定める認定校に入学するか、資格試験受験のための制度に参加することが必要になります。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 手作り石鹸資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 貴金属装身具製作技能検定
  3. ドッグトレーニング ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 キッチン資格人気ランキング
  5. tsushinkyouiku1 美快眠セラピスト認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 福祉資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 ビーズアクセサリー資格ランキング
  8. 和食 和食資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP