資格

POP広告・デザイン資格ランキング

tsushinkyouiku1

スーパーや小売店でよく見かけるPOP…販売促進に大きく影響する大切なものです。

そんなPOPにも資格があります。店員さんにとっては、スキルアップにつながる資格で、デザインのセンスやイラストの技術などを学ぶことによって取得できます。現在お店でPOPに関わる仕事をされている方などにおすすめの資格をご紹介します。

1位:POPデザイナー

【理由】商品やサービスの販売に影響するPOP広告を作成するには、専門的な知識や技術が必要です。また、顧客の希望に合わせた、レイアウトや配色をPOP広告で表現する技術も大切なことです。これらを学んで取得できるのがPOPデザイナーの資格です。「日本デザインプランナー協会」が認定している資格で、試験に合格するか、通信講座を修了するかによって取得できます。POPデザインに関しての知識が一定水準以上と認められ、実技にも合格しなければなりません。広告業界などのPOPを生かす職業を目指す方にぴったりな仕事でしょう。

費用 受験料 10,000円

2位:POPライターインストラクター

【理由】この資格を取得すると、インストラクターとして知識や技術を伝授する講師をこすることができるようになります。広告業界やデザイン業界への就職、自宅や教室でスクールを開くことも可能です。POP広告を、商用として、色やデザイン、イラストや構成を工夫したPOPデザインにして、提案できる資格になります。「日本インストラクター協会」主催の試験に合格すると資格が取得できます。また、通信講座を受ける方法もあります。POP広告制作についての知識や技術を持っていると認定されることが必要です。どんなにいい商品でも、お客様の目に留まらなければ売れません。商品やサービスをよりアピールするPOP広告を作成することは大切なことなのです。

費用 受験料 10,000円

3位:コトPOPマイスター検定

【理由】POP広告は、「モノPOP」と「コトPOP」に分類されます。「モノPOP」は、商品の情報を正確に伝えるPOP広告で、「コトPOP」は顧客に買おうとする気持ちにさせるPOP広告なのです。コトPOPマイスター検定は、顧客を意識したコトPOPの基礎から学び、実践方法やコンプライアンス、広告のノウハウまでを習得する資格です。「日本コトPOPマイスター協会」が行う試験で、初級・中級・上級に分かれ、段階的に学んでいけるようになっています。中級までは試験を受けることで次に進めます。上級については認定講座を受講し、試験を受ける必要があります。

4位:POP広告クリエイター

【理由】広告によっていかにして販売を促進させるのか、その基礎をわかり、POP広告の作成方法から技術(基本から応用)までをマスターすることで取得できる資格です。試験の受験資格として、1年程度の実務経験が推奨されていますので、関係の仕事についている方には特におすすめです。「公開経営指導協会」が運営し、小売業やサービス業の現場で活躍する人が、お店で使用するPOP広告を作成する能力が審査されます。学科試験と技能審査試験に合格すると、資格が与えられます。試験前には受験対策の講習会も開かれ、受験者にとってはありがたいものになっています!試験は年2回の実施で、日時や会場が決まっていますので、事前に確認することが必要です。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 手紙・文章ライター口コミ評判
  2. 手相鑑定士認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 論理的思考インストラクター口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 稼げる資格ランキング
  5. tsushinkyouiku1 ガーデニング・園芸資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判
  7. 和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 はり師、きゅう師
PAGE TOP